記事一覧

つけまつげ、『90代』時代へ?!/つけまつげの可能性

先日の記事に

「85歳の女社長が自分でつけまつげをつけている」

と書きました

 ☆こちらの後半部分です→☆


つけまつげは
まつげが少なくなってもまつげが弱くなっても、
ずっと目元を毛でふさふさ生き生きさせてくれる
女性にとって心強い最強美アイテムです

年齢を重ねるほどメイクは薄くしていかないと
老けて見えてしまいます。

つまり「メイクではカバーできない」のですね

そこで、『つけまつげ』なのです

つけまつげというと若いコのイメージがありますが
本当に必要なのは「大人」です。

年齢とともにどんどんまつげが抜けやすくなったり
弱くなったりしてしまいます。

まつげパーマではボリュームがでなくなってしまうかもしれません。
まつげエクステは付けるまつげがなくなりできなくなる恐れもあります。

でも、まつげという部分は
年齢を重ねれば重ねるほど、重要になり、差が出る部分
だと思います。

つまり昨年よりも今年
今年よりも来年、
よりまつげが重要となり、必要となってくる
わけです。


そう言う意味で

まつげは
将来のことまで考えないといけない


そう感じています。


今、色々なまつげ美容ができても
将来ずっと必要なまつげ
将来のことまで考えておかないといけないわけですね


「まつげの重要性はわかった。
 でも、つけまつげは瞼に負担ではないの?」


と思われるかもしれません。

では・・・

ちょっと、質問がございます

つけまつげなど全くつけない、
メイクっ気のないような女性が
いつまでも瞼が下がっていないことがあるでしょうか???


瞼に全く負担をかけない生活
長年されていらっしゃる方は
皆さん、いつまでも変わらず瞼は20代30代のようでしょうか??

メイクっ気の全くない人の瞼が
明らかに若々しくて、下がっていることがないならば
それはやっぱり「瞼に何もつけないことが大きい」となるかもしれません。

でも・・・

いかがでしょうか?


ではもう一つ質問しますね

つけまつげをお仕事で長年付け続けていらっしゃる方は大勢います。
しかも分厚い重そうなつけまつげを長時間、何十年もです。

(宝塚などもそうですよね

そのような方の瞼が特別下がっているように思われたことはありますか?

私はむしろ、メイクを全くされない方よりも
瞼がきりっとされていてとても美しいと感じます

極端な例でしたが
どう思われましたでしょうか?

もちろん人によって皮膚の厚さも違いますし
のりが合わない人もいらっしゃるかもしれません。

そういう意味ではつけまつげも負担になることはあると思います。

ただ、つけまつげの歴史はとても古く
白黒お写真の時代にも付けられた写真を拝見したことがあります。
きっとそれ以前からつけられていたと思われます。

そのような歴史の長いつけまつげが
現在も健在なところがすごいところであると感じています。

実際、白黒写真時代の分厚いつけまつげをつけた写真のタレントさんが
今も現役でご活躍されている方もいらっしゃいますが
瞼が特別下がっているとも思いません♪

さらには

今のつけまつげは当時の分厚く重いつけまつげとは
驚くほど違うと思われます。

非常に軽く、付け心地も大変良くつくられているものが多いです。

また、

「つけまつげが目によい」と学会で発表されました

  ☆詳しくはこちらです→☆


それでも心配な方は
やはりオススメは致しませんけど・・・

つけまつげは、心配して付ける物ではないからです。
ワクワク楽しく嬉しい気分、おしゃれを楽しむものだからです


85歳の女社長を見ましても

「いくつになってもまつげは重要」

大先輩が教えてくださっているように思います。

もしかするとおしゃれな90代の方でも
つけまつげを美アイテムとされていらっしゃる方が
もういるかもしれませんね

というか
私はこの世を去ってあちらに向かう時も
たぶん「つけまつげ」つけていくと思います(笑)

冗談でなく
もうそういう時代になると本気で思います。

だって、
目元が華やかですと若々しく見えますし、
目を閉じた姿でむこうの世界に行くときに
目元にアクセントがつくことによって
お顔が良いバランスになると思う
からです。

しかも、目をつぶっているときに睫毛が濃いと
とても美しく見えます

90代までつけまつげ、とか年齢よりも
「この世を去る時まで、しっかり目元をふさふさに」
となる時代になるかもしれませんね

年齢に関係なく
いつまでも安心して「似合うまつげ」でいられることは
女性にとってとても安心で重要なことだと感じます。

将来まで、
そしてこの世を去るその時までも

「まつげ」を美しくいられることは素敵なことだと思います。

まつげこそ、
女性にとって一生必要で重要なものです。


この世を去る時まで使えるものですから
いつ始めても遅いことなど全くございません

思い立ったその日が、
「つけまつげデビュー」の日となります


つけまつげは
付ければ付けるほど、慣れていくもの
で、
さらには
体が覚えてしまえばしばらく付けなくても
体が思い出せるものです。


なので徹底的に、
体に覚えさせてしまうことが大事
です。

集中的にしっかり体に覚えさせてしまえば
あとは
一生ものとなります


つけまつげを簡単につけられるようになれば
「自分のまつげのプロ」と同じこと。

人に頼る必要もないので
こんなに心強いことはありません!



お顔の若々しさに
一番影響する「まつげ/つけまつげ」を
心強いアイテムにかえて
新しい美しさを発見してくださいね




アレンジつけまつげ専門サロンはこちら

大人つけまつげ&つけまつげケース専門店はこちら
 (マリンイメージアイテムも仲間入り予定です)






*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ