記事一覧

アレンジつけまつげ/最強のカールの作り方のポイント☆

昨日は、親しくさせていただいているAさんが
京都へ引っ越されるため、
最後にお会いしてきました

Aさんはfringeアレンジつけまつげを愛用してくださっていて
京都に行く前に「大量買い」してくださいました
(本当にどうもありがとうございました)

Aさんはもともとまつげパーマもセルフエクステもつけまつげも
すべてご経験されています。

とてもおしゃれな方で本当にお美しい人です

アレンジつけまつげの【美調整】にもだいぶ慣れて
ご自分で似合うように楽しんでくださっているようです

久しぶりにお会いしたのですが
あまりの自然な目元に、私の方が驚いてしまったくらいです

市販のつけまつげをつけられている頃も見ていますので
(そのつけまつげも自然で似合うと思います♪)
改めて「アレンジつけまつげ」を見たわけですが、

「マスカラ??もしかしてエクステ??」

と思ったほど

全く「つけまつげ感」がなく、
本当にご自分のまつげとなじんで素敵でした

自然でありながら
しっかり美しい目元になっていました



ただ、
私はAさんの美ポイントがわかっておりますので

「黒目付近(Aさんの場合は1~4番くらい)を最強カールにすると
 もっともとっと可愛くしあがりますよ

とカールの強度だけアドバイスさせていただきました

(もちろんそのカールがお気に入りでしたら問題ありません♪)

私はAさんが
もともと最強カールが好きなことを知っているからお伝えしたのです


アレンジつけまつげの「最強カール」を作るとき
想像以上に強いカールを作ります。

慣れないうちは躊躇してしまうと思われます

それくらい強くカールをつけるからです。


さらに
1~4番でも
それぞれカールの強さをかえて
1番強いカールがどこにくるかを決める
最強カールも作りやすくなります

一番強いカールがどこにくるか決めたら
その部分だけ「最強カール」にしてみると
他の部分のカールの強弱がつくりやすくなり
バランスが整えやすくなります


たとえば
1~5番
とくに3番を強くカールすると決定します。

まず3番を最強カールして、
そのあと、
まわりの2番4番のカールを調整していく、というやり方です。

一番強いカール部分(この場合3番)を決めてしまう
躊躇無く
『最強』なカールを作れると思います


目頭から順番にカールをつくるのではなく

「一番強いカールをどこにするか」

を決めて、カールの強弱をつけるわけです



カールの強弱つけるだけで
機械的な均一的な「つけまつげ感」が一気になくなります



一番強いカールは
本当に強くカールしてみてください


強すぎましたら
指で弱めれば良いだけです♪

2番、3番、4番
どれを最強カールにするかを探すのも
自分の新しい美しさの発見
ですし、

今日は目尻にポイントを置きたいから
  4番を特に強くカールしよう


気分でアレンジを変えても楽しいと思います


Aさんの場合は特に
黒目付近は強めカールでしっかりまつげをあげると
本当にお美しいのですね


すべての人が「強めカール」が似合うとは限りませんが
一度
「最強」カールを試されてみるのも
新しい美しさの発見に繋がるかもしれませんね


アレンジつけまつげ
美調整すると「毛が開く」特徴で

自分のまつげとなじむようにつくられた
「アレンジ専用」つけまつげです



RIMG0020_convert_20141123091506_convert_20141123221521_convert_20141129094537.jpg
fringeアレンジつけまつげ




大人つけまつげレッスンサイトはこちら→☆

アレンジつけまつげ専門/つけまつげサロンはこちら→☆

大人つけまつげ&つけまつげケース専門店はこちら→☆




*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ