記事一覧

目のために「つけまつげ」?!目に良い効果?(ある研究論文)

昨日、「まつげ」に関する興味深い内容の記事を目にしました


米ジョージア工科大学の研究者、デービット・フー氏が率いる生物学者チームが、
25日、「まつげ」に関する研究論文を
英国王立協会の学術誌に発表したそうです

  その記事はこちらです(2015年2月28日記事)→☆
 (サイトの一番下にありますのでスクロールしてくださいね)

これまで、人や動物になぜ「まつげ」があるか
専門家の間でも長い間議論がなされ、様々な仮説が立てられてきたという。

たとえば・・・

☆目の中に入りそうなものをとらえて集める機能説
☆猫のひげのようにセンサーとしての役割(砂粒など危険を目に知らせる)説
☆表情を豊かにして性的魅力のための目の影響力を高めるためにある説

など 


今回、仮説ではなく「これが正解」と思われる説が発表されました


◎空気中に浮遊する微粒子、細菌、ウイルス、ダニなどから目を保護するために
 まつげは目の周囲の気流の向きを変えている


さらに
まつげの別の働きとして

◎眼球表面の保護膜が乾燥する事を防ぐ効果

も挙げられました


鼻毛は埃などを物理的に捕捉する「トラップ」として機能するそうだが
まつげはそれと異なり
「受動的なほこり制御システム」としての役割をはたしているこをを発見。

まつげは涙の蒸発と微粒子の蓄積を最大50%減少させる、と
研究チームは説明。


*********************


~今回、まつげの、ある実験結果からわかったこと~


まつげは気流を目から離れた方向に変えて水の蒸発を防ぎ、
微粒子の進路をそらしている


と研究チームはつきとめ

まつげが少ない人ほど
ドライアイに起因する目の感染症にかかるリスクが高くなる

との医学的所見の裏付けとなった。

そして最後に

つけまつげについては

 『ドライアイ』に対抗する武器になる可能性がある


と今回の研究論文は示唆している。


*********************


大人はだんだんとまつげが弱くなったり
抜けやすくなり、少なくなってきます。

つけまつげは、「見た目」だけでなく
重要な役割があること
を研究者の方が明らかにしてくださいました

まつげが少ないことは
目の病気にもかかりやすいというリスクがあることがわかったのです。


それをカバーできるのが「つけまつげ」なのです


「大人がつけまつげなんて・・・」
と恥ずかしいと思っていた方もいらっしゃるかもしれません。


でもこれからは

「大人こそ、目のために、つけまつげ」

ということが当たり前の時代になるかも、しれませんね


つけまつげが大人の目に大切な役割があり

堂々とつけられても

「自分のまつげのように見せる」つけまつげにこだわり続けるのが

fringeアレンジつけまつげです



つけまつげは、

目を大切に守ります




私はつけまつげが大好きですが、ますます大好きになりました~



大人つけまつげレッスンはこちら

☆アレンジつけまつげ専門/つけまつげサロンはこちら

大人つけまつげ&つけまつげケース専門店はこちら




*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ