記事一覧

アレンジ専用つけまつげを作ったわけ/salon fringe

~ 『アレンジ専用』つけまつげをつくった理由 ~


つけまつげは

まだあまり種類が売っていない頃から試していました


ですが、

買っては「似合わない」と感じるものが多く、

ようやく「あ、いいかも」と感じるものが見つかっても

ここがもう少しこうだったら・・・」と

自分の目とのバランスが完璧でないことが

最後まで納得できませんでした


そこで自分でアレンジしたり、

さらにはまつげエクステ用の毛を使用して

自分でつけまつげを作ったりしていましたね

(ですが時間も調整も大変で現在はメーカー様に作っていただいております)



私がどうしても「アレンジ専用」のつけまつげを作りたかった理由は


◎沢山ありすぎる種類から「自分に似合う」ものを探しあてるには
 お金も時間もかかる→なので「自分に合わせる」という発想に変える

ほんの少しの差でも見え方の変わるつけまつげ
 そのままつけたのでは違和感を感じることが多い

◎つけまつげ独特の形状から
 そのままつけたのでは上がりすぎる(下がりすぎる)ことがある

◎一般的なつけまつげのくるんとしたカールより、Lカールが似合う人もいる
 (Lカールでも角度が重要で、角度も調整できることが理想)

◎すべて同じ強さ(均一)のカールより
 部分部分でカールの強さを変えると自然に見えることが多い



というもので、

「そのままつける」

どうしても「つけまつげ感」が出てしまうことが多いと感じたからです。



一見すると「手を加える」ことは

めんどくさそうに思えるかもしれませんが、

ほんのちょっとでも「アレンジ」することにより

つけまつげの『安定感』が増し、

つけやすくなり、丈夫になります(形状がしっかりします)


(この『安定感』と『つけやすさ』はお客様に言われたことです)


 *この「アレンジ」は形状キープの為、毎回おこなう必要はございません♪
   しかも慣れれば数秒~数分です



特にカールですが

均一にカールされていると

どうしても「機械的」な顔に見えてしまうことがあります


そこでsalon fringeでは

まず、「カールの強度を変える」美調整をするわけです


これだけで

「機械的」な雰囲気から一気に「自然」な雰囲気に変わります!




ですが・・・・


実は「アレンジ専用」つけまつげを作った最大の理由は・・・・



『左右のバランスを整えたい』



という想いからでした



もう、本当に、これです




どんなつけまつげでも

「左目は良いけど、右目がなんか下がってしまうなあ・・・・」

とか

「左右のまつげのバランスが悪いな」



お感じになられたことはありませんか??


テレビのタレントさんや

雑誌の表紙などを拝見しても感じることがあります。


つけまつげをいじらず

ただそのままつけたのでは

左右のバランスが安定しないことはよくあります。


(つけまつげをビューラーであげることといじることは意味が違います)



さらには

目の形は左右対称ではないことがほとんどですし

目の大きさも左右違うこともあります。


(また、目のクセの影響もありますね)←とても多いです



左右のまつげ(目)のバランスをとるには

つけまつげをビューラーであげれば良い、という問題ではなく

左右の『強度』を変えなければなりません。


ビューラーでつけまつげをあげても

カールの強度は一定ですから

左右のバランスは変えることはできないのです。



つけまつげは「一重用「二重用」や

毛の量が「濃い」「薄い」ものなど

様々な種類がありますが

「左右のバランス」を考えられたつけまつげは

私は今のところ見たことがありません。


それは、たぶん、普通のつけまつげとしては不可能だからです。


つけまつげは

ほんの少しで「見え方」がかわってしまう特徴があるからです。



だから、

「つけてみて初めてわかるもの」

なのです!



左右のバランスを整えるカールは

思っている以上に『最強』カールをつくりますし

人によって『最強』にする部分は

右か左かもわかりません。


さらには

ほんの一カ所、「ピンポイント」で最強カールを作ることが

ほとんどですので

「つけてみて、初めてわかる」ものなのです。


そうなんです、しつこいですが(笑)

つけまつげは

「つけてみて、初めてわかる」ものだから、

あとから調整できるものが自然なのですね


これは、同じブランド、全く同じ品番のつけまつげでも

前回のものとは見え方が違うことがあります。



salon fringeのお客様はほぼ100%の確率で

どちらかのつけまつげを『最強』にカールして

左右のバランスを取ります。

(したがって、つけまつげの形は左右で全く違います


もちろん上がりすぎている部分を

ピンポイントで下げることもあります。


その『最強』上げ下げカールは

ほんの一カ所であることがほとんどなので

そのような意味でもビューラーで解決することは不可能なのです。


下がってしまう部分を「ピンポイント」で最強カールにしますと

均一カールが崩れ、

より自然なまつげに見えるようになりますし

左右のバランスもとれます。




はい、つまり、


「アレンジ専用」つけまつげは

左右の目元のバランスを取りたい、


何よりも、その想いから作られたものなのです



私が普通のつけまつげに納得できなかった最大の部分です!



そしてそれを実現するには

専用のツィーザーが必要で

【特注品】で作っていただいているアレンジツィーザー

とても良い仕事をしてくれる
、というわけですね


 ☆アレンジツィーザーの詳細→こちらです


これ一本あるだけで

大人のつけまつげライフが楽しく快適になると思っております



RIMG0020_convert_20141123091506_convert_20141123221521_convert_20141129094537.jpg



**************************



「アレンジ専用」つけまつげは

アレンジに適した毛を使用し

アレンジした後も自然で美しく見えるバランスにデザイン
されています。




曲がりすぎてしまう毛の場合

「カックン」と折れて不自然なカールになってしまったり

柔らかい毛では

カールを作っても形状キープできません。


自然なカールでキープできる毛が重要となります。


さらに

「毛が開く」という特徴があり

毛が開くことで自分のまつげと馴染みやすく

自然な目元に近づけます。



私のように


☆ビューラーでまつげをあげるときつく見えてしまう

☆つけまつげのカールが強く感じる/不自然に感じる


という方には

この「ふんわり開くカール」の自然さを

お試し頂きたいですね



カールしたときに

「自分のまつげのように見える」ようにデザインされています




一つ一つのアイテムに

相当な想いが込められています


自分が経験して感じたこと、

そして

自分が使用するにあたり譲れないこと、


そういうものを

これからも大切にして参りたいと思います





アレンジつけまつげ専門サロン
お問い合わせ・ご予約はこちら→☆


大人つけまつげ&つけまつげケース専門ショップ【fringe shop】こちら











*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバーヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ