記事一覧

大人つけまつげの「付け方」の特徴???by fringe

大人つけまつげのfringeです 


fringeのつけまつげサロンでは
一般的なつけまつげの「付け方」とは異なります。


さらに、
つけまつげの「のりの付け方(方法)」も「のりをつける部分」も
「のりの処理の仕方」も

かなり独特です。


これにはすべて意味がございます


大人がつけまつげをつけるには
ちょっとしたコツが必要です。

ちょっとの工夫で、
大きな違いが生まれます。


いかに自分のまつげのような自然なまつげに見せるか

を徹底的に研究し、

たどり着いた付け方が

fringe「上からの押さえつけ」なのです


この「上からの押さえつけ」により
自分のまつげと一体化させるのです。

「まつげの生え方の角度を合わせる」、ということです。


つけまつげがあがるようにつける人
自分のまつげと離れすぎないよう、自分のまつげをビューラーであげるという
下準備をされます。

ですが、

つけまつげがあがるようにつけることで
不自然に見えてしまう人もいるのですね。
(私もそうですが・・・


fringeでは
「自分のまつげの生え方に合わせるように」つけるので
つけまつげと自分のまつげがなじむように見えるのです。

でももちろん、
そのようにつけますと、つけまつげは下がってしまいます。

だから
「立ち上げ美調整」で先に立ち上げを強くしておくのですね

自然にみえる付け方のためなのです


ほとんどのお客様が

この「上から押さえつけ」をされた後、

自分のまつげのようになじむことを実感されています


さらに

fringeのつけまつげは美調整をすると

「毛が開く」という大きな特徴がございますが

これも

自分のまつげとなじむ為にデザインされたもの、なのです


旧つけまつげサロンで、
エクステを使用した手作業でのつけまつげの時に
「Vポイント」としていた部分です。


この「Vポイント」を表現したのが

「毛が開く」デザインです。


実はこの「Vポイント」こそが
たぶん他のつけまつげにはない

fringeの大きな特徴の一つなのですね



『付け方』を考えたときに

ビューラーで下準備をしたくない」という思いからでしたが、

この「Vポイント」こそが

「自分のまつげとなじみ、自然にみせる」最大のポイントになりました


なぜ、不自然にみえるのか

とことん研究しているfringeです


これからも

大人のつけまつげを真剣に考えて参りたいと思います




 つけまつげサロンfringe
nGmdUYRNMpIic2G1383615222_1383615367.png
☆お問い合わせ・ご予約はこちら→☆


Webショップ◎つけまつげケース&大人つけまつげ【fringe shop】◎


yEHeTvRUaQrx9X21372287795_1372287944.png




*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ