記事一覧

つけまつげを【点つけ法】にしてから目の不調が消えた??

これまで長く愛用していたつけまつげのりが、
最近、
「あれ?以前よりも劣化しなくなったな・・・
と感じていた。

以前は開けると
すぐにどろどろと急速に劣化が始まっていたが
最近購入すると
ずっとさらさらのままが続く。

「改良されたのかな?」
と思っていた。

ところが、
つけると、なんとなく「目にしみる」?ような感じがしていた。

劣化を防ぐ薬品が強くなったのかな?
それか
つけまつげ歴が長い方なので
もしかするとつけまつげののりのではなく
私の目の問題かな、とも思いました。

どっちにしても
「目にしみる」ような感じがするのは(はっきりしみるわけではない)
不快なので
色々考えた。

この「剥がれないつけまつげのり」のメーカーの
他の種類も試してみた。

でも、
他の種類はなぜか、粘着力が弱く剥がれやすいと感じ、却下。

つけまつげのり
「ちょっとでも剥がれるものは意味がない」
と考えているので、
また「剥がれないつけまつげのり」に戻ることにした。


そこで、

「つけ方」を工夫することにした。


のりの影響をあまり受けないよう

「ほんの少し」しかつけないようにして、試してみた


これが、

大正解


目にしみないどころか、

今まで以上に快適に過ごせるようになった。



これまで何も考えず
つけまつげのりをつけまつげにべったりつけていたのですが、

つけまつげののりの量を
ほんの少しにするようになったら

過去最高の心地よさに変わった


これはもちろん

「剥がれにくいつけまつげのり」限定の付け方になりますが、

最近、この‘剥がれにくさ’が
剥がす時の瞼の負担になることを問題にされているためか、
「粘着力を弱くしたつけまつげのり」になっていることが多くなった。

でも
粘着力の弱いつけまつげのりは
剥がれやすい上、べったりつけないとならなくなる。

成分上、剥がれにくいのりも、剥がれやすいのりも
たいして変わらない。

だったら
‘剥がれにくい’のりを「少量」つけるだけのほうが
目の負担になりにくいのでは?
と考えているのです

さらに、

剥がす時の瞼への負担は

「のりが少量」であれば全く問題ではないのですね


だから、

fringeでは

「剥がれにくいのり」【点つけ法】をおススメしています


fringe【のりの点つけ法】はこちら⇒☆


つけまつげが剥がれては全く意味がありません。

粘着力が弱いのりをたっぷりつけることは
目の負担になることがあるかもしれません。

「剥がれにくいのり」を
ほんの少しつけるだけで、


剥がれる心配がなく、剥がす時は瞼に優しい

という
理想的なつけまつげのりになります

のりのつける量も少ないですから
目への影響も軽減
します


最近はずっと
この方法でのりをつけて試していますが、

本当に快適になりました


つけまつげが剥がれるのはイヤだけど

剥がす時に痛いのもイヤ、

という方は

【点つけ法】でお試しくださいね




 アレンジつけまつげサロン
nGmdUYRNMpIic2G1383615222_1383615367.png
☆お問い合わせ・ご予約などこちらから⇒☆


◎インテリアつけまつげケース&自然な大人つけまつげ【fringe shop】◎










*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ