記事一覧

つけまつげのりの付け方【点・つけ法】 by fringe

『強力でありながら、優しい』?!


 fringeおすすめの、つけまつげのりの「つけ方」です 



最近、つけまつげのりが、

「剥がれやすく」改良されることがあるそうです。


というのは、

剥がす時にお肌に負担がかからないように、とのことのようです。


私はつけまつげのりで、
「剥がれやすい」ことは、使用中に不安を感じてしまうため、
避けることにしています。

ですが、
もちろん、剥がす時にお肌の負担も軽減したいので
「つけ方」を工夫してみることにしました


まず、「剥がれにくいつけまつげのり」が基本になります

(お肌に合う、剥がれにくいのりを使用してくださいね)



剥がれにくいつけまつげのり

「つけ方」


剥がれる心配がない上に

さらに

目への影響を減らし、

剥がす時のお肌への負担を軽減する



という便利なものにしてしまいます♪



それでは

fringe
おススメのつけまつげのりの「点・つけ法」です


 *「剥がれにくいタイプ」ののりを使用します


つけまつげの「目頭」部分と「目尻」部分以外の

黒目付近の部分

ほんの少しのつけまつげのり中央部分から

「点」として5mm間隔くらいでつけていきます 
(間隔は自由ですが毛束(毛の糸の部分)がおすすめです)

水たまりをつくるイメージです * ピンクの印の部分です)

 中央付近ほど、軽め・極少で大丈夫です♪

そして

最後に「目頭」と「目尻」部分

2~3ミリ幅でのりをつけます。(下の写真のグリーンの部分です)

(やや大きめの水たまりをつくり横に流すイメージです)


(剥がれることを絶対に避けたい人は)

「目頭」「目尻」部分ののりが、あまり乾かないまま、つけます。

(乾かさないと強力につくため、中央あたりは少し乾かす方が良いです)


こうすると

剥がれやすい「目頭」と「目尻」は強力についていますが、

黒目付近の部分は穏やかについているため



使用中は剥がれる心配がない上に、

さらには

剥がす時もお肌への負担が軽減するというわけです



また、

つけまつげののりをほんの少ししか使用していないので

目やお肌への影響も軽減されます。



fringeでは、


◎使用中に剥がれる心配がないこと

限りなく少ないのりの量で目への影響を減らすこと

◎剥がす時にお肌に負担がかかりにくいこと



ということを大事と考えております。


そして「付けるときにコツ」があるのです!


◎つけまつげを付ける部分のアイシャドーを指で拭く
 もしくはつけまつげを付ける部分にはアイシャドーは塗らない

 (しなくても剥がれなくて必要のない人はスルーしてください)

◎「目頭」からつける

◎乾かしすぎない

必ず「一度」でつける【最重要】
←ほぼこれで決まります!


最後の「一度でつける」事が一番大事で最大のポイントになります




fringeでは「剥がれやすいつけまつげのり」は却下しておりますが、

のりの量を極力減らす「付け方」

剥がす時のお肌への負担を軽減し、

目とお肌への優しさを考えていきたいと思います




【関連記事】

◎点つけ法のメリット?⇒こちら☆

◎点つけ法のきっかけ⇒こちら☆

◎点つけ法の応用→こちら☆



fringeアレンジつけまつげサロンのお問い合わせ・ご予約はこちら⇒☆

◎インテリアつけまつげケース&自然な大人つけまつげ【fringe shop】◎



nGmdUYRNMpIic2G1383615222_1383615367.png

*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ