記事一覧

fringeつけまつげの「つけ方」は”目頭”からつける???

【♪美調整レッスン♪】

 ☆美調整つけまつげは『目頭』部分から、つけます♪



初めに言ってしまいますと、

「ご自分のやりやすいつけ方」が1番です


fringeでは、「つけまつげサロン」の頃から
『つけ方レッスン』で
”目頭部分”からつけまつげをつける事をおススメしておりました


これは

◎「目頭部分」からつけ始めると、手で隠れることがないので見やすい
◎いつも決まった位置につけまつげをつけられる (重要)


という理由からです。


不器用な私が

数秒でぱぱっと簡単にいつも決まった位置につけられるのは、

「目頭部分」からつけるからです


009_convert_20130625090155.jpg
いつもこの位置につけられます♪ (いや、たまにずれることもあります



この位置からつけ始めます ↓

つけまつげをつけた時、その「ベストな位置」を毎回再現するために、

『目頭部分のつけまつげが、どこからスタートするか』

をきちんと覚えておくのですね


私の場合ですと、
「黒目」のちょっと手前からスタートするとちょうどいいので、

矢印の位置くらいからつけ始めるようにしています。


しかしながら、
つけまつげをつける時は「黒目」は動きますから
「目頭からだいたい何ミリくらいか」で覚えておきます。

初めのうちは、
油性ペンで印をつけておこうかと思ったくらいです(笑)


私の場合は、がっつりアートメイクアイラインが入っているため、
アートメイクアイランの目頭部分(点線部分)から何ミリのところからスタート、
と目安にしています。
(私の場合はアートメイクの始まる部分から7mmくらいのところが
 つけまつげをつけ始めるスタート地点)


はお顔と並行になるように壁鏡などおススメです。
サロンの頃は、鏡を見降ろすようにしていたやり方もありましたが、

壁鏡などにして、
お顔を「顎を突き出すようにして、薄目にする」ほうが
最近はやりやすいと感じています。


fringeでは、つけまつげを持った手を動かすのではなく、
「お顔を動かす」というやり方ですので、

お顔を動かしたり、目を開いたり薄目にしたり、など
「お顔や目を動かして」つけます。


つまり、右目の場合、(右利きの方の場合)

少し顔を右にむけます。顎も突き出し、自然に薄目になるようにします。

つけまつげは真中より目頭寄りの方を軽く持ちます。

目頭部分のスタート位置に、
つけまつげの目頭部分の先端をつけるようにします。

つけたそのまま、
お顔をゆっくり正面に戻しながら薄目のまま、正面部分のつけまつげもつけます。

さらにそのまま、
顔をさらに左に向けながらのこりの目尻部分のつけまつげをつけます。


この一連の流れは、

慣れれば数秒です。(早い時は5秒もかからないこともあります)



文字で読むだけではなかなかわかりづらいかもしれません

動画も考えておりますので、
今後さらにわかりやすくしていきたいと思っております


動画で見れば、なんてことないものですから(笑)



〈つけまつげサロン〉→〈ネットショップ〉に変更してからも

「つけまつげレッスンを受けたいのですが・・・」

とご連絡いただくことがございます。


本当に有難く、感謝しております。


サロンはもうやっておりませんが、

このレッスンブログでできるだけお伝えできるよう

頑張ります


同じような内容の繰り返し部分もありますが、

そのような理由からですので

どうぞよろしくお願い致します



いつもどうもありがとうございます



◎つけまつげケース&美調整つけまつげ【fringe shop】◎

yEHeTvRUaQrx9X21372287795_1372287944.png

*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ