記事一覧

美調整つけまつげのこだわり☆

美調整つけまつげ・〈ナチュラル〉『こだわり』について、

改めて書いてみたいと思います


美調整つけまつげのデザインは、
まず、「目尻部分」のデザインを決めました。

この「目尻部分」は、とっても大切な部分で、
つけまつげはこの「目尻部分」でほとんど決まる、くらいに思っています。

(なので、fringeでは、つける時に、目尻つけまつげがが可愛く見える位置から決めることを
 おすすめしています♪)

  *「目尻部分」にこだわってデザインされていますので
    ご自分の目の幅に合わせて短くカットする場合は「目頭」の方でカットします。




目尻以外の部分のデザインは、
似合うカールを作った時に ”いかに自然に見えるか”
ということを考え、デザインされています。


「初めから強いカールをさせれば美調整なんて必要ないじゃない?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。


ですが、つけまつげのカールは均等過ぎて不自然に感じたり、
また、
エクステのように大きくカールされたものが似合う方、
ビューラーで根元から立ち上げたようなカールが好きな方
色々です。

そして、それ以上に

「目頭~黒目部分」あたりのカールと
「目尻部分」のカール具合を同じにしたくなかったのが1番の理由です。

黒目付近のつけまつげは、
確かにパッチリ上がっているのが似合う方も多いですが

目尻部分のつけまつげは、
くるんと上がっているよりも、すらっと横に流す方が似合う方も多いのです。


黒目付近をカールさせるには、かなり強めのカールが必要になりますので、
そうなりますと
どうしても目尻部分のカールも強くなりすぎてしまいます。


このような理由から

「初めからカールを強くするのではなく、必要な部分を好きにカールできたらいい」

という発想が美調整つけまつげです。



使用している毛も「美調整に適している」ことが重要で、

曲がりすぎて”カックン”と折れたように見えにくいこと
曲がってもすぐに戻ってしまう毛にしないこと

など「毛質」1番大切に考えております。


そのうえで、

美調整しても自然に見えるようにデザインされています。

つまり、
美調整しなくても自然に見えるようにデザインされています。



まつげは1ミリで変わる部分です。

ほんの少し角度を変えるだけでも雰囲気が変わります。


難しく考えずに、

「あ、ここをもう少しこうしたいな」と思う部分を

少しいじってみてくださいね


つけてみて”あれ?違うな”と思いましたら

また直せばよいだけです♪


ご自分で立ち上げたカールは、均等になりすぎませんので

より自然な仕上がりになりますのでお試しくださいね



◎つけまつげケース&美調整つけまつげ【fringe shop】◎



jHituCRmIVtnjAj1369878827_1369879100.jpg


*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ