記事一覧

つけまつげの接着部分を”自然”に見せる工夫???(過去の経験)

つけまつげメーカー様と色々やりとりしているうちに、

色々な事を教えて頂きました


たとえば、

あの、つけまつげを”接着する”部分について。


現在は、「透明」の糸?紐?のようなものに、
毛を巻きつけたりしているものも多いですが、
あの”接着”部分は非常に大切なようです。

基本、「色」がついていないものが良い、と言っていました

「透明」がお肌に安全のようです。(なので、fringeでも「透明」にしております

(*「透明」であってもゴワゴワしているものもあったりしますね


ただ、私は昔から、この「透明」の紐(?)が
(アートメイクアイラインをしている為)浮いたように反射?して、
目立ってしまうのが好きではありませんでした

そこで、
その「透明」の紐を、肌につけない表面側だけ(見える方側だけ)
油性ペンで軽く塗って(細い線を書くイメージいました


003_convert_20130527101136.jpg
ケースに入れたまま書きますと、肌に当たる内側部分には付きませんので・・・・



透明の紐部分が・・・・・

001_convert_20130527101101.jpg

     

うっすら暗くなり、”てかり”を押さえます

002_convert_20130527101120.jpg



これで、簡単に解決です

もちろん、お肌につける部分はつけていませんから
特に問題ありませんでした。(私の場合ですが)

*お肌の弱い方や気にされる方にはおすすめしません。
 あくまでも私の対処法です・・・

(そういえば、LILICOさんは、昔、油性ペンをアイラインとして使用して、
 3日間くらいは塗りなおさないでいた、と話していましたね


その後は
つけまつげのりを「黒」に変えて
油性ペンで塗らなくても済むようにな
りました


ですので、

アイラインをしっかり引く方や、アートメイクアイラインをしている方

つけまつげのりを「黒」にすると、つけまつげの接着部分が目立ちませんので

おすすめです


ただ・・・・

つけまつげのりの「黒」は、慣れるまでは難しいので、

「透明」ののりで練習されてからが良いと思います


黒いのりが肌につくと、けっこう取れなくて大変なのです

(私が不器用だからかもしれませんが・・・・・


*「透明」ののりが少しでもついたままで「黒」ののりをつけますと、
 なぜか剥がれやすくなりますので、「透明」ののりをしっかりとってから
 「黒」ののりを使用してみてくださいね♪
 
 

つけまつげのりもますます良いものへを進化してくると思っています



ご高齢の方も普通につけまつげをつける時代。

年を重ねるごとに”まつげの減り”を心配することなく、

  便利な”美アイテム”として、謳歌していきたいと思います



◎つけまつげケース&美調整つけまつげ【fringe shop】◎


*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ