記事一覧

つけまつげメーカー様とのご縁と「パッケージ」???

つけまつげは、

100均で売られているものから
ブランドの3000円以上のものもあります

もちろん、
素材や、作り、デザインなど同じではありませんし
使い心地もそれぞれ違います


選ぶ時は
「似合うもの」と「使用感」で選んでいました。

似合うことも非常に大事ですが
何よりも
「使用感」が最も大事でした。

それは、”続けていく”には「使用感」が良くなければならないからです。


使う側から
デザインしてメーカー様に作って頂く側になって

初めて考えました。


「メーカー様によって、”得意分野”が違うのではないか」

と。


もっとわかりやすくいいますと、

「どのようなつけまつげに力をいれているか」

ということです。


どのメーカー様も、
お願いしたつけまつげを「作れます」と言ってくださいました。
本当に本当に有難いことです。

ロット数、価格、など
各メーカー様それぞれ違います。

「高ければそれだけやっぱり良いものなのかな・・・・」

漠然とそう感じていました。

でももっとしっかりわかる方法はないかな・・・・

とにかく「デザインや質」にこだわりたかったのです。


そこで閃いたのが、

「パッケージ」

でした。


各メーカー様に
たくさんのパッケージを見せていただきました


すると

面白いほど、

ある「特徴」がわかったのです


あるメーカー様は
10個パックのパッケージばかり
見せて下さいます。


あるメーカー様は
1個ずつですが、セロファン包装などの簡単なものから
華奢な素材のケースばかり見せてくださいました。


あるメーカー様は
1個ずつのパッケージで
一つ一つにロゴが入った(あの有名ブランドのもの)ものや
しっかりめのケースばかりでした。


この見せていただきましたケースで、

そのメーカー様が「力を入れているつけまつげ」

わかったような気がしたのです。


でも、
もちろん、これは私が感じたことに過ぎないので
実際のところはわかりません。


実は、最後のブランドロゴのパッケージの会社は
最後に見つかった会社で、
それまではその他の2社のメーカー様とのやりとりでした。


その時に
10個パックの会社のものが価格的に1番安く
念の為「1個用ケースはありませんか」と聞いてみたところ、
しばらく探して下さった結果、結局、理想のものがなかったのです。

もうひとつのメーカー様のパッケージは
1個用であったものの、
「低価格のつけまつげに力をいれているのかな」
という気がしたのです。

そうなりますと
あまり細かいデザインやオーダーは嫌がられてしまうと
小心者の私は考えてしまいました

やっぱり、また1から探すことにしました。

そして

ようやく
出合うことができたのが
今お願いしているメーカー様です

パッケージを見せて頂きました時には、
本当に驚き、
感動で涙が出そうでした

有名な高級つけまつげのジャンルの
ブランドパッケージがそこにありました。(ロゴ、入ったまま

即決でした(笑)

もちろんそのパッケージも選べましたが
さすがに遠慮しました。

シンプルなパッケージがたくさんありましたから
その中で最もシンプルなものを選びました。

ところが、

パッケージのケース自体は気にいっているのですが、
実は、
中の紙がびっくりするほど、普通の紙でした(笑)

あのブランドロゴ入りケースと
微々たるほどしか価格がかわらないのですが、
「紙」とかない方が・・・・美しく見えますね。。。。

当初は紙の変更をお願いしようかとも考えましたが
fringeではつけまつげパッケージは
「つけまつげケースの代用」とは考えておりませんので、
ただの”パッケージ扱い”なら
捨てることに躊躇しない簡易パッケージの方が良いかも・・・・

と、
強引に考えてみました(笑)

ブランドロゴのあのケースは
購入の時にいつも
「このケースがつけまつげケースになりますので・・・」
と毎回言われました。(非常に使いにくくて1度で断念しましたが

つけまつげケースの代用にもと
考えるのでしたら
とことん変更してこだわることも良いかもしれませんが
”パッケージ扱い”としてしか考えてない為、
簡素でいくと決めたのです。

捨てやすいからです。


このように

「つけまつげ」と「パッケージ」を

それぞれのこだわりを持って進めて参りました。



1番最初のあるメーカー様に

10万個以上からでしかオーダーは受けません!」

と言われてあの時凹んで諦めていたら

今もきっと変わっていなかったと思います。


あまりにも凹んで

「自分で機械を買った方が早いのではないか」

とも考えたり、

自分で作れないかと

つけまつげをばらばらにし、構造など一つ一つチェックしたあの日が

今でも思いだすと、

また凹みがよみがえります(笑) 


あの日、

恐ろしいくらい凹んだのに、

「絶対諦めない」

とどこかで思っていた不思議さを今でも覚えています。


最初にこてんぱんにされていたので、

そののちの各メーカー様とのご縁が

「神」

のようでした。


どのメーカー様も優しく親切で本当に素晴らしい会社でした。


私は最初にこてんぱんにされるのがきっとちょうどいい(笑)

ぬるま湯から

熱湯を浴びて起こさないと

私はダメなのだ


今も優しい方たちばかりに囲まれて

また

ぬるま湯的な私なので

少し

意識を切り替えてしゃきっとしていかなければと思います。


あの、ものすごく凹んだ日。
夕方のうす暗くなってきた部屋で
電気をつけるのも忘れて
つけまつげの毛を一つ一つばらばらに・・・・・



・・・・・絵的に非常に、怖いですね



改めてしみじみ振り返るとともに、
改めて
ご縁に感謝したいと思います。


どうもありがとうございました。




◎つけまつげケース&美調整つけまつげショップ【fringe shop】◎

*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ