記事一覧

fringeアレンジツィーザー【使い方】

‘はさんで、くるん♪’ 

          の

fringeアレンジツィーザーは、

「自分に似合うつけまつげ」にするための、専用ツィーザーです

003_convert_20130307080541.jpg


このツィーザーの特徴は、


◎美調整が「1か所」ずつできる
◎毛とツィーザーが平行になることで毛の向き(カールの方向)の目安となる
◎毛を1本(1束)ずつ動かすことができる
◎つけまつげののりの処理ができる
◎コンパクトで軽い


・・・という、

fringeのオリジナルツィーザーです。

*精密ピンセットメーカー(東京)//【特注品】でお願いしております。



【 fringeアレンジツィーザー 使い方 】



「自分に似合う美調整」は美調整レッスンでおこないますので、
こちらはアレンジツィーザーの使い方の説明となります。



◎毛の動かし方◎

これは”精密”な細い先の得意な部分です♪


011_convert_20130307080803.jpg


毛を1本1本動かすことができます。(目頭部分の細い毛の4束が”フリンジ”とよぶ部分です)


美調整つけまつげは、目の幅に合わせてカットするときに、「目尻カット」はしません
この”フリンジ”部分でカットします。(自分の目の幅に合わせ、お好きな部分でカットします)

この時、
この部分の毛を少し濃くしたい方は、
毛をずらして透明糸のみカットすることができます。




◎つけまつげののりの処理のやり方◎

つけまつげの”のりの処理”は、アレンジツィーザーの角の部分でおこないます。


のりの部分だけをつまむように・・・

007_convert_20130307080704.jpg


のりだけをひっぱります


010_convert_20130307080744.jpg


このまま続けてどんどん右に動いて、繰り返して取っていきます。
(のりをのりでくっつけるイメージです)

009_convert_20130307080723.jpg


ある程度のりがツィーザーにたまりましたら、
メモ帳、紙の切れ端、(私の場合は付箋)などに
”はさんで”のりだけを落とします。 (のりだけ綺麗に、紙に取れます♪)
そのまま丸めて捨てれば終了です。

慣れてしまえば簡単です♪



 ~  ここから美調整でのツィーザーの使い方です  ~



【立ち上げ美調整】のやり方  ‘はさんで、くるん♪’


つけまつげを指で持ちながら美調整をおこなうよりも
つけまつげがパッケージについたままおこないますと簡単です♪

*「目尻(8番)調整」は指で持っておこないます。



強くカールしたい部分(立ち上げたい部分)をつかみます。
(毛とツィーザーが平行になるようにします)  はさんで、


003_convert_20130319154904.jpg


そのまま自分の方(前に倒すように〉強く曲げます。 くるん♪
この倒す向きがカールの向きになりますので「まっすぐな方向」で曲げてください。

004_convert_20130319154927.jpg

最後は、強めに押すように仕上げます。

006_convert_20130319155024.jpg



横から見るとこのような感じです。


007_convert_20130319155043.jpg

008_convert_20130319155102.jpg



指で持って確認します。

009.jpg


つけまつげをご自分でつけてみて、立ち上げを調整していきます。


*この時、必ずつけまつげを目元から外して美調整をおこなってください。
 目元につけたまま美調整をおこなうのは大変危険です。



*カールを戻す時は、指で強めにならしてください。(強く立ち上げた部分は完全には戻りません)

*カールをする部分は、まずは黒目付近(1、2、3番)がおすすめです。




【目尻(8番調整)】のやり方
  (ここからは目尻の部分です)


*つけまつげを指で持っておこないます。



「目尻部分」は印象やイメージを表現する大切な部分です。
ご自分の目尻のまつげ「くるん」としたカールが似合うのか、
「すらっと」したストレートが似合うのか、チェックしてくださいね♪

その日の気分で使い分けても良いですね


*美調整つけまつげは基本カールがしてありますので
 カール派の方はそのままでのご使用をおすすめ致します♪ (方向美調整へお進みくださいね)

*ストレート派でも、慣れるまではそのままカールで使用し、
 慣れてきましたらおすすめ致します♪


  【カール美調整】  (カール⇒ストレート)


アレンジツィーザーは目尻部分(8番)を毛を束ねるようにはさみ
そのまま、ならすように整えます。(やや反らすように)逆カールするイメージです。

014.jpg

この時、
毛を束ねなかったり、強くやりすぎますと、
毛が縮れたり、毛先がばらばらになります
ので、
何度かおこなう気持ちで軽めに試してくださいね。


もし毛が縮れてしまった場合(毛の向きがばらばらになってしまった場合)は・・・
     ↓

015.jpg


ツィーザーで、まとめて毛を引っ張るようにしてならします。


021.jpg


ストレートになりました☆


010_convert_20130319155139.jpg




  【方向美調整】  (目尻の向き  上or横)


ストレートにしましたら「目尻の向き」を決めます。

この向きが、一番「自分らしさ」を引き出す重要なポイントになりますので
楽しみながら発見してくださいね


「カール派」「ストレート派」「両方派」の方、それぞれ

”上向き”or ”横向き”を決定します☆


*「カール派」で”上向き”の方はそのままご使用ください。

*「ストレート派」で”上向き”の方はつけまつげをパッケージに戻し、
 パッケージのまま【立ち上げ美調整】をおこないます。




  では「横向き」美調整のやり方です。


アレンジツィーザーの先が上を向くように、スプーンを持つように持ちます。


つけまつげの下(後ろから)毛を挟み、横になぞっていきます。(横に流れるように)
(この時、ツィーザーの先は自分の方に向いています)

022_convert_20130319155347.jpg



このようになります。

024_convert_20130319164117.jpg

     ↓

023.jpg



この少しの角度の違いで印象はかなり変わります


ご自分の目につけて確認しながらおこなってくださいね

*つけまつげは必ず目元から外して美調整をおこなってください。
 目元につけたまま美調整をおこないますと大変危険です。



  解りづらい部分があるかもしれませんので、動画の準備も頑張ります・・・



~ fringe ~



*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ