記事一覧

“自然”か、より『美しい』か、基準?!【美的基準大人つけまつげ】

「大人つけまつげ」というと、いつも

『自然さ』

というキーワードが出てくると思います。(私も好んで使いますが

ですが、この『自然さ』って、いったいどんなものでしょう?

まつげをビューラーで立ち上げることも、
マスカラをたっっぷり塗ることも、
エクステをものすごい大量につけることも、

・・・・・自然かって、いうと、そうとも言い切れませんよね


それは、“自然か”という基準ではなく、

『美しいと感じるか』

の基準だからではないかと思います


それなのに、不思議ですね・・・・・

「つけまつげ」となると、
“大人に似合う”というものは、すごく消極的なものが選ばれ、紹介されていたりします。

どうみても「目力」がアップしないようなものだったり、
気休め程度な、つけてもあまり目立たなすぎるようなものだったりが
多いような気がします。

あまり変わらないようなら、つけまつげはつける意味がないと思います。

まつげをビューラーで不自然すぎるくらいに立ち上げたり、
まつげにたっっぷりマスカラを塗ったり、
エクステで、これでもかってくらい本数を増やしたり・・・・

これは“自然基準”ではなく 『美的基準』 です。

フリンジでは、「大人つけまつげ」でも、『美的基準』を採用しています

つけまつげだからといって、消極的な考えは必要ないと思います
ご自分の『美的基準』で選ばれるのが一番だと思います。 (自分基準)
そこに、「自然さ」にこだわりすぎる必要なないと思います。

よく、
「エクステなのか、つけまつげなのか、自分のまつげなのか」

みたいな検証というか、わかりにくさの検証というか、こだわっていることがありますが、
そんな事って、意味があるのでしょうかね??

何がまつげについていようと、大事なことは、

それが、

『美しいかどうか』

ということではないかと思います。

何がついていたって、いいじゃないでしょうかね・・・・


自分が“美しい”と感じる『自分基準』を大切にした方が、“美”は楽しいと思います



“自然基準”にこだわりすぎず、

『美的基準』でもっと積極的に“美を楽しむ”ことが
                     大切だと思っています







*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバーヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ