記事一覧

ポイントつけまつげ(部分つけまつげ)をつくらないわけ

市販のつけまつげを使用していた頃は、

ちくちくして付け心地の悪いつけまつげをカットして、

部分的に試しにつけたりもしてみました


ところが、

なんとなく「不完全感」があるんですね


(まあ、私の場合はまつげがありませんので(笑)そのせいかもしれませんが・・・・


それに、ポイント的だけに使用するのは、

案外、難しいように感じます。


というのは、

自分が鏡で見る分にはおかしくなくても、

他人が色々な角度から見たときに、

違和感がある場合があるからです。



常に、人は

『色々な角度から見ている』

ということを頭にいれて考えなければならないと思います。



確かに「部分つけまつげ」はつけやすいです

でも、ただ付けやすい・・・と安易に考えるのではなく
「自分のまつげとのバランス」を考えなければなりません。

なじませるにも、高度なテクニックが必要だと感じます。
(初心者よりも、むしろある意味上級者向きだと感じます。)


目尻だけ、ポイント的に付けることは、
自分から見るとなかなか可愛いかもしれません

ただ、斜めから見た時、
自分のまつげとの差が極端になっていないかなど、
しっかり確認しなければならないと思います。


私たちがつけまつげを付ける状況は、日常です。「人と近距離」で接します。
舞台や、テレビを通して見られるわけではありません。
ましてやそばに、スポットライトなど、ありません。

「“近距離”でいかに違和感がないか・・・・・」

そこまで考えなければなりません。そこが一番大事です。


私は完璧主義的なところがありますので、
今のところ、「部分つけまつげ」を考えておりません

それに、
つけまつげが付けられるようになると、“部分的”にしなくても
簡単に付けられるようになると思います♪

自分のまつげとのバランスを考えなければならない「部分つけまつげ」よりも、
何も考えず、全体に付けてしまった方が、結果的には楽だと思います


やっぱりすべては『バランス』が大事だと、感じます



いつもどうもありがとうございます
にほんブログ村 美容ブログ まつげエクステへ
にほんブログ村


*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバーヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ