記事一覧

なぜ、「目尻」は“軽い”仕上げなのか?

まつげの「目尻」部分って、

“その人のイメージ”を表現する、大切な部分と感じています032_convert_20110920103837[1]_convert_20111011212706[1]_convert_20111021094138[1]



こんな風に見せたい、見られたい・・・・・

だから、市販のつけまつげでも、「目尻」だけのパーツで売っているのだと思います



「アレンジつけまつげ・fringeスタイル」(目尻)では、

とにかく“軽い仕上げ”ということを大切にしています


これは、私が、何度も何度も

「毛」を減らしたり、動かしたり・・・・・または足してみたり・・・・と

バランスを調整した結果、

「大人は、目尻は“軽め”が美しいのでは・・・・?」

と、感じたからです。(つけまつげでの話です



モニターをしてくれたとっても綺麗でおしゃれなお友達が、


「目尻って・・・・濃かったり、下がっていると“陰”ができるから、

 大人の目には“軽め”がいい」



そう言っていました

fringeスタイルよりも“もっと軽くてもいい”と

さらに「目尻の毛」を減らしたくらいです♪(調整できます)



フリンジでは市販のものと「逆グラデーション」(目尻)をつくっていますが、

何度もチェックし、バランスを見て決めたものなのですね


「目尻」がとても濃いと、とたんに「つけまつげ」が強調されてしまう気がします。

一番見られる、「上から」「斜め横から」で、一瞬でわかります。



そういうことからも、

fringeスタイルでは「目尻は“軽い仕上がり”」なんですね。

さらに、バランスをみて毛をカットしています。



すべて、“バランス”が大切だと、感じています




いつもどうもありがとうございます
にほんブログ村 美容ブログ まつげエクステへ
にほんブログ村





*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバーヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ