記事一覧

つけまつげ【のりの点付け】は『量』が重要?!/fringe

RIMG0001_convert_20140707161816.jpg


fringeではつけまつげをつける時にのりを『点』で付けますが

この時、『のりの量』が重要となります!

たまにfringeではないつけまつげ動画などで
「のりは点で付けても良いです」というものも拝見したことがありますが
fringeとは異なる付け方です。

fringeではのりを少量の『点』で付ける為、
いくつかの重要なポイントがありますのでまとめておきますね♪


【fringeのりの点付け法の重要ポイント】

☆「目尻」「目頭」は最後にのりをつける
☆のりは乾かしすぎない(かるくのりのキャップをしめている間に乾く)
☆目尻、目頭以外はさらに少ないのりの量でOK
☆必ず目頭部分から「一度」でつける【最重要】


これは慣れれば当たり前のようになると思います☆

この時に重要なのが
「のりの量」です!

fringeでは強力なのりを使用しながらも
「剥がすときにお肌に優しい」を目指しています。

なのでのりは基本的には極少量となります。

ですが、

のりの量は「新しいのり」「使い続けているのり」でも
量は若干変わってきます!


というのは新しいのりはさらさらしていることが多く、
乾くと何もついていないようになることがあります

なので新しければ新しいほど
「のりはやや多め」につけることをおすすめしています。

のりの筆にたっぷりとのりをとり、軽く「点」で置いていきますが、
この時に
「水たまり」ができるように多めにします!【重要】

筆に少なくのりを取り、点で付けてもすぐに乾いてしまい、
何もつけていないような見た目になったら少ないということになります。

つけまつげをつける直前まで
水たまりが少し残っているくらいがちょうど良い
です。


逆に、使い続けて古くなってきたのりは少しドロドロしてくると思います。
筆にたっぷりのりを取って、点で付けていきますと
新しい時ののりよりもぷっくりと水たまりができると思います。

このくらいののりは乾きづらいので新しいのりの時よりもやや少なめの水たまりでOK!
(乾くと丸く少し盛り上がった状態になると思います)

つまり、

つける直前ののりが
「少しの水たまりがある状態」にすることが重要
なのです!


特に注意なのが剥がれやすい「目頭」「目尻」ののりの量ですね。

その他の部分ののりはもっと少なくても大丈夫なようなら
お好きな量に減らして試してくださいね♪


*************


のりを『点』でつけるといっても
fringeでは「剥がれない」為にもコツがありますので
ご参考にしていただけましたら嬉しいです

のりは量をべったり多くすれば剥がれないかもしれませんが
剥がすときの負担、
つけまつげののりの処理、
つけまつげを綺麗に保つ(長持ちさせる)、

ことまで考えると、
少量の方が圧倒的に快適です。

比べ物にはなりません。

楽しく快適な
大人のつけまつげライフになりますように




iJr_P_mq2u0gq981448511436_1448511734.png

6lOIP8UsbQGALrF1448699217_1448699238.png


*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ