記事一覧

つけまつげ『使えば使うほど剥がれにくくなる』?!

つけまつげはすべてにおいて最初が最悪です(笑)

付けにくいし馴染みにくいし、さらには
「剥がれやすい」

付けにくい→慣れていないので上手くつけられない
馴染みにくい→張りがありすぎる
剥がれやすい→目のカーブに合っていない&のり粘着がない

と私は勝手に思っています

まず「つけにくい」はそのままですが、
つけまつげは「付ければ付けるほど慣れる」のでだんだんと簡単につけられるようになります♪
ただそれまでは挫折して諦めてしまうことも多いかもしれません。

次に「馴染みにくい」ですが、新しいつけまつげは軸も毛も張りがあるままです。
付け続けていくと軸もやわらかくなっていき、毛も自然な感じになってきます

そして「剥がれやすい」は案外一番重要ポイントです!
新しいつけまつげには
パッケージとつけまつげを固定する透明のりがついていることがありますが
まずこれをきちんととらないと悪目立ちすることがあります。
ですがこの透明のりをきちんと取りますと、
つけまつげはベタベタしなくなります。
つまり「のり粘着がない」状態なのです。

この状態でのりを『点』でつける場合、通常よりも剥がれやすくなるため
やや多めの量で『点』でつけます。

ですが、2回目以降はどんどん剥がれにくくなってきます!

というのは、つけまつげのりは完全に取っても完全にベタベタ感が取れるわけではないのです。
見た目は「新品同様」に戻りますがのりのベタベタ感が残るわけですね。

実はこれが最高なのです

のりの粘着感が残ったままのりを点付けにしますと
さらに剥がれにくくなってくるのです!


これを繰り返すのでどんどん剥がれにくくなってくるというわけです

見た目はのりが全くついていない状態で綺麗なのに
粘着は残ったままなので剥がれにくいつけまつげに育っていくのですね♪

点でつけないでべったり付ければ最初から剥がれにくいのでは?

と思われるかもしれませんが
つけまつげは使い捨てではありません。

しかもfringeつけまつげは使うほど自然なつけまつげに育っていきますので
長持ちすればするほど良いわけです。

それにのりをたっぷりつけたのでは完全に綺麗に戻すことは難しいですし
何よりも時間がかかります


つけまつげを頻繁につける人にとっては大変な作業となります

のりを「点」でつけることで

☆のりを塗る時間が短縮・簡単
☆付け心地が驚く程軽い・快適
☆のりが悪目立ちしにくい
☆剥がす時に負担がかかりにくい
☆のりの処理が非常に簡単
☆つけまつげが汚れにくい(新品レベルに戻る)
☆のりが非常に長持ちしすぎる


などなど良いことばかりです

のりを剥がす時、のりの処理、つけまつげの状態、時間の短縮など
fringeではすべての事を考えてつけまつげを研究しています

つけまつげは
一番最初が一番ハードルが高いですが
ここで諦めずに頑張ってしまえば
あとはどんどん快適で楽ちんな世界が待っていますので
一緒に頑張ってみてくださいね~





FOkhI9l2DNqEi6o1414032554_1414032863_convert_20150627175647.png




iJr_P_mq2u0gq981448511436_1448511734.png

6lOIP8UsbQGALrF1448699217_1448699238.png

*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ