記事一覧

つけまつげを『目頭』からつける理由?/fringe

snap_885458_201610310333.jpg

fringeでは『目頭』部分からつけまつげを付け始めます。

これは、

◎のりが乾きすぎないうちにつけたい
◎いつも同じ位置から付け始めやすい


という理由からです。

「目頭」からつけるのは、
fringeではのりを極少量の「点」でしかつけないため
のりが乾きやすいこともありますが

「目頭」部分から付け始めますと
「見え方がいつも同じ」
になりやすいという理由があります。

というのは
つけまつげは付ける位置で「見え方」がとても変わるものだからです。

いつも理想の見え方にするために
いつも同じ位置から付け始めることが大切
になるのですね。


一般的なつけまつげの付け方は
ツィーザーなどでつけまつげを挟み、
瞼の中央あたりから付け始めることがほとんどですが
この付け方ですと目頭の位置がわかるのは後になります。
(目頭の位置がどこにくるかわかりにくい状態)

のりが多めに塗られていて
目頭が後になっても乾きにくいから中央部分から付け始めるのかもしれません。

しかものりがたっぷりついているので何度も付け直すことができるみたいですが
fringeでは「一度」でつけることが大事なのです!
(もしも一度瞼について剥がれた場合は再度のりを目頭目尻部分だけ付け直します)


fringeではのりは極少量しか使用しませんので
一般的な付け方ではうまくいきません。

ですがのりを少量にするメリットはとても多いです。
(一度この付け方にしますと元に戻れないくらい快適になります♪)

のりを少量にしますと

☆のりが悪目立ちしにくい
☆のりの目への影響が最小限になる
☆すぐ乾くので乾かす時間がいらない(時短)
☆付け心地がとにかく軽い
☆剥がすときに負担がかかりにくい
☆のりの処理が非常にらく
☆つけまつげが汚れにくいので長持ちする


などなどメリットだらけです♪

のりの量を少なくすると乾きやすいので「最初」につけるわけです。
(でも乾かす時間がいらないので時短というメリット♪

さらに「目頭」からつけることでつけるスタート位置が覚えやすいのです!

いつも理想の位置につけられて
いつも同じ見え方になるというわけですね☆


つけままつげは
付ける位置で見え方が全く変わってしまう
ので
付ける位置はとても重要なのです。

指でつけまつげを持って、
いつもだいたい同じ位置から付け始めていると
いつも同じ見え方が再現されます♪

これも「慣れ」です!

少量ののりでつけるには「コツ」がいります
覚えてしまえば驚くほど快適なつけまつげライフになります


体が覚えるまでとことん練習してみてくださいね。


一度覚えてしまえば一生ものです


快適なつけまつげライフを
体験してみてくださいね~





つけまつげまとめサイト
oYnvIF7HKcns7_11478655753_1478656057.png


iJr_P_mq2u0gq981448511436_1448511734.png

6lOIP8UsbQGALrF1448699217_1448699238.png

6iA1n4n0jW2FXCT1463551081_1463551444.png

*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ