記事一覧

フェイクではなく「アート」?

私、とくに意味はないのですが、「フェイク」って言葉があまり好きではないんです

私が以前、習っていた「アートフラワー」は、布のお花で、
たまに、「フェイクフラワー」と言われたりもします。

011.jpg


でも、先生が言っていました。

「生花のように見せるのが、布花ではないのです。
 布花の目的は、ここのお教室では、あくまでも「アート」にすることです。」

と。

フラワーアレンジとも、プリザーブドとも、またちょっと違うもの。

どう、「アート的」にするかが、大事なんですね。

だから、本物お花のような見せ方ではないのです。

生花ではありえない動きや形を作ったりするのです。

全く、別物と考えているのです


私は昨年、美的センスアップのために通っていましたが、
もちろん生花の代用としてではなく、「アート的」なセンスを磨くためでした。


その前にはプリザーブドフラワーも習っていましたが、
こちらは・・・・
生花の代用に近いのかな・・・・・とも思います
よくわかりませんが


『アレンジつけまつげ』も、フェイクまつげではなく「アートまつげ」になるといいな♪

           ↑

       いや、それはちょっとおかしいだろ・・・・・



*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ