記事一覧

『目頭』からつけまつげを付けるときの【コツ】/fringe

fringeつけまつげは「アレンジ専用」つけまつげです

fringeではつけまつげは『目頭』から付け始めますが
これは

◎いつも理想の位置に簡単につけられる
◎ツィーザーが必要ない
◎少量ののりでも目頭部分が剥がれにくくなる
◎数秒でつけられる


などなどメリットが沢山あります


『目頭』から付け始める〈コツ〉としては

つけまつげの目頭部分から1cmくらいのところを持って

目頭部分の糸軸の先の部分(青の部分)を目頭部分に「刺す」ようなイメージで

先の部分をまず瞼にのせることです

瞼につけまつげの先の部分がついたら
そのまま目頭部分(目頭 二束分くらい)(緑の○)だけつけて

一度、つけまつげから指を離します
(ここで目頭部分だけしっかりついているか確認できます)

*この時、「目尻」部分が瞼につかないようにご注意!


つけまつげの中央あたりを持ち
ゆっくり顔を動かしながら残りの部分をつけていきます。

ここまでの動作は
慣れると5秒もかかりません♪

************

何故「目頭」部分からつけるかといいますと
一番剥がれやすい部分を「確実」につけたいからです。

つけまつげを付けた後に補強として
再度、上からのりをつける方も多いですが
のりを付ければ付けるほど
取るときに負担がかかり、
つけまつげも新品同様までキレイに戻すことは大変になります。


fringeではのりの量は極少量でも
付け方のちょっとした〈コツ〉だけで
剥がれにくいつけまつげにします♪


こうすることで
剥がれにくくありながら剥がすときは
お肌に負担がかかりにくく、
つけまつげののりの処理も簡単楽ちんで
つけまつげ自体も「新品」レベルまできれに戻ります。


のりも点で少量しか使用しないため
のりの処理も毎日する必要もなく
のりの処理をする日も1分もかかりません

しかも「新品同様」レベルに戻ります←ここ重要

なのでつけまつげが、使い方によっては半永久くらい持つかもしれません(笑)
(私は早ければ30秒くらいで新品同様までキレイに戻ります

大人の場合は
のりをたっぷりつけたのでは瞼に負担をかけてしまう恐れもありますし
のりの悪目立ちも避けたいところです。

なのでつけまつげを付けた後の補強のりはしません。

極少量ののりであっても〈コツ〉さえマスターすれば
温泉で顔汗ダラダラでも全く剥がれることはありませんでした

 ☆少量ののりで剥がれないか実験→こちら☆


剥がれないことが一番大事ですが
剥がすときの事を考えることも同じくらい重要。

さらには
その後のつけまつげの状態で差がでます。

剥がれない付け方は〈コツ〉が全てです。
のりの量は関係ありません。



fringeでは快適なつけまつげライフを
大切に考えています





動画レッスンはこちら
6iA1n4n0jW2FXCT1463551081_1463551444.png


サロンはこちら
iJr_P_mq2u0gq981448511436_1448511734.png

ショップはこちら
6lOIP8UsbQGALrF1448699217_1448699238.png

*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバーヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ