記事一覧

なぜ『美調整/アレンジ』するのか?/fringeつけまつげ

 G3StNowSKO67i8W1463277115_1463277138.png


fringe
つけまつげ
「アレンジ専用」つけまつげです

では

何故、アレンジ(美調整)するのか?

という基本的な部分について改めて書きたいと思います。


つけまつげには「独特な反り」があり、
これが『つけまつげ感』を出していると感じます。

瞼につけると毛が反ってしまい
目尻または目頭部分が不自然に上がりすぎてしまったり
(いわゆる【びっくりな目】にみえてしまうこと)
うまくなじまずつけまつげだけが目立ってしまう状態です。

このことからfringeでは目のカーブに合わせて
「1カ所」ずつカールをつくり
グラデーションで仕上げることで
瞼と地まつげになじみやすく整えます


お気に入りのカールに整えましたら
『形状記憶』なのでずっとキープします♪

つまり

つけまつげ感をなくし自分のまつげのような仕上げにする」

という目的です。

目の形、目の大きさによって
毛のどの部分をいじれば良いか、変わります。


人それぞれカールを強くする部分は異なります。

さらには
「左右の目(つけまつげ)も違うカール」となります!

これは
目は左右対称ではないことが多いからです。

だからそもそも
つけまつげをそのままつけたのでは
「どちらかのつけまつげが下がって見えたり、
どちらかのつけまつげが納得いかない」

ということが起きるわけです。

当然といえば当然のことなのです。

このように、
ご自分の目のカーブに合わせてカールを調整しますと
だんだんと
ご自分に似合うつけまつげの形がわかってきます♪


なので次に新しくつけまつげをおろしたときは
どんどん簡単に美調整(アレンジ)が楽しくできると思います


美調整(アレンジ)したつけまつげは
使えば使うほど毛の並びが自然になるように整えていますのでとても長持ちします。
育てるつけまつげ、と言っています♪)

これは「似合う」位置(黒目と白目のバランス)に毛のバランスを整え
ご自分の目に合うように毛先の角度を調整するからです。

こうすることで
使えば使うほどご自分の目とまつげに馴染みやすくなってきます。

これは実際に使い続けていくとその違いがおわかり頂けると思います


そしてもう一つ、

「美調整/アレンジ」する、大きな意味があります。



fringeでは一般的な付け方とは異なることが多いですが
それは
「自然に見えるようにつける」ことを第一に考えているからです。


一般的なつけまつげの付け方として、多くは
「自分のまつげをビューラーして、つけまつげと馴染ませる」
とあります。

そのままつけまつげをつけたのでは毛が下がって見えてしまうので
「つけまつげを上げるように」つけて、
ご自分のまつげもビューラーしてアップさせて馴染ませましょう、
ということですね。

ただ・・・

このやり方ですと人によっては「びっくりな目」になってしまったり
『つけまつげ感』が強調されてしまうことがあります。
(少なくとも私は全く似合いません

目元は人に印象が残りやすく繊細な部分です。
まつげはただ上げれば良いというわけではありません。

つけまつげをつけないで
どれだけビューラーで地まつげを上げようが不自然になりにくいのは
自分のまつげだからです。
毛の並びも不自然ではないからです。

(きっちり整った毛の多いつけまつげを
ビューラーで立ち上げたまつげとセットにしてしまうと
『つけまつげ感』が強くなってしまう場合がある、ということです)


fringeではつけまつげに自分のまつげを合わせる付け方ではなく
つけまつげを
「自分のまつげに合わせる」
というやり方です。

ビューラーしない自分のまつげに合わせるのですから
当然、つけまつげは下がって見えてしまいます。

しかも、一般的にのりは軸の側面につけますが
fringeではのりを「裏」につけます
毛先が下を向くようにつけるわけです。


そこで

「美調整して、カールを立ち上げる」

というわけです。

こうすることで
「びっくりな目」になにりくく、自然に見えるのですね。

これは
ご自分のまつげから
だんだんと広がるようにしてつけまつげをカールするイメージ
です♪

一般的なつけまつげをカールしてしまいますと
「カックン」と折れたように不自然に見えてしまったり
ご自分のまつげと馴染みにくくなることもあります


fringeつけまつげは「アレンジすることを考えてつくられている」
専用つけまつげ
ですので
美調整しますと「毛がふんわり開き」
ご自分のまつげに繋がるようになっています。
(形状キープしやすい毛を使用)

つまり、

「自然に見える付け方の為に美調整する」

というわけです。

びっくりな目になりにくく、自分のまつげのような見え方にしたい。
その付け方には「美調整が必要だった」
ということです。

こうみてくると面倒に思えるかもしれませんが

美調整は基本的にはおろしたつけまつげにおこなうものです。
気に入った形に整ってきましたら
あとはずっとキープします♪


きちんと扱えば何ヶ月も長持ちますので
とことん似合う形に育ててくださいね




【美調整/アレンジ】の理由(メリット)


◎不自然に見える部分を「一カ所」ずつ整えることで
 自分の目に馴染みやすくなる

◎目のカーブに合わせてグラデーションカールを作ることで
 自然で似合う形に整える

自分に似合う毛の並びや毛の角度にする
 使えば使うほど馴染みやすくなり長持ちする
 (劣化感がなくなる)

「自然に見える付け方」の為に美調整する
 (実はこの部分が非常に大きい)
 

************



一般的な付け方や考え方と異なるのは
沢山の理由があります。

大人がつけることに徹底的にこだわり
「快適」「安心」「自然な美しさ」
これからもとことん追求して参りたいと思います





サロンはこちら
iJr_P_mq2u0gq981448511436_1448511734.png

ショップはこちら
6lOIP8UsbQGALrF1448699217_1448699238.png

*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバー&紐ヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ