記事一覧

つけている感覚がない?!/大人つけまつげ

RIMG0002.jpg


私は10年くらい前?に自分でエクステをつけていました

初めてつけたその日はとても感動して
よっぽど何かがない限りはつけ続けるだろう
と思った程です。

ところが
だんだんとつけていることに耐えられなくなり
ある日突然

エクステ全部外したい~!!

と衝動にかられるようになってしまいました。


最初はあまり感じなかったのですが
だんだんとエクステの重みでまつげが引っ張られる感覚
不快になってきてしまったのです。

何度もそれを繰り返しているときに
『つけまつげ』というものが気になりだしたのです。

当時、まだ今ほど種類などなかった頃で
しかも
「どうせ似合わないだろう」と試しに買った安いつけまつげが
驚く程、違和感があって

何?!この『傘』みたいなうっとおしさは!

とあまりのうっとおしさにつけていることができなかった。

なので3分割にしたり、あれこれ工夫して
なんとかつけてみたり。

いつもなら「やっぱり不自然だ」と、これで懲りるはずなのに
何故か諦めきれず、どんどん違う種類を買ってみた。

つけまつげは種類で全く別ものになる

ということがわかった。


それは「つけ心地」。(見た目もですが)


ガサガサしたつけまつげは
分割してもうっとおしくチクチクしていましたが
別のつけまつげは分割しなくてもうっとおしくもなく
つけ心地も悪くない。

全くつけ心地が違う。


これは続けられるかも、と直感した。


まつげというパーツは大人になればなるほど重要な部分だから

「続けていかれる」

ということがまず大前提
となる。


それには「つけ心地の良さ」が第一に重要ということ。

不快感のあるものは絶対に続けられない。


さらにつけまつげは「自分のまつげに左右されない」ので
まつげがヒンソになってもつけられる心強さがとても気に入ったのです!

◎まつげの心配がいらないこと
◎つけ心地が快適なこと


これはつけ続けるには最重要なことです。


つけまつげは
つけた後しばらくは「引っ張られた感じ」がある場合もありますが
時間が経つと気にならなくなることが多いです。
(エクステの感じとは別物です)

つければつけるほど慣れていくものですので
「つけ心地の違和感」はどんどん改善されていきます。


完璧な付け方になりますと

「つけまつげをつけていることを忘れる」
「つけている感覚がない」


と思えるほど、快適になります

これは私のエクステ時代では考えられなかったことです。

長く続けるもの程こそ、「快適さ」は最重要
これはお肌への負担以上に心の負担(ストレス)となってしまいます。


つけまつげも最初のうちは
自分のまつげにのりがついてしまったり
ひっぱられるような不快感などあるかもしれません。

ですが
慣れてきますと上手につけられるようになってきます!


のりをはみ出さず綺麗に最小限の量でつけられ
数秒で簡単につけまつげをつけて
全く違和感のない心地よいつけ心地

さらにお肌に負担なくするする剥がれて
のりの処理も簡単らくちん♪


つけまつげが新品同様綺麗に戻り
つけまつげはつけるほど似合うように育っていく


それが

fringeつけまつげライフです



つけまつげがチクチクする、ゴワゴワ痛い、
うっとおしい、不快感がある、

すべて原因があります!


☆つけまつげの種類
☆付け方

など原因を探してみてくださいね。


つけまつげは
つけている感覚がない、
を目指してくださいね~






LykdFCRDEQIHx3Q1449455966_1449456205.png


サロンはこちら
iJr_P_mq2u0gq981448511436_1448511734.png

ショップはこちら
6lOIP8UsbQGALrF1448699217_1448699238.png


*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバーヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ