記事一覧

新しくのりをおろす時はドキドキ?!(その理由)

fringeではのりを極少量『点』でつけますが、

この付け方ですとのりが全く減りません

半年くらい同じのりを使うことも普通で
あれ?のりが厚めに付くようになってきたかな
とやっと気付いて買い替えたりします

実は私はあまりのりを買い替えたくないのです。

というのは
久しぶりに同じのりを購入しても
『改悪』
されているのではないかと不安になるからです

剥がすときにお肌に優しくと、
ある有名なメーカー様が「剥がれやすく」改良されました。
(改悪されたと有名だったそうです)
 *現在はどんな感じかは知りません

でも、いくら「剥がすときにお肌に優しい」とはいえ、
付けている時に剥がれるリスクも当然高まるわけです。

それは全く意味のないこと。

つけまつげの剥がれるリスクを高めてどうします??

と、fringeでは考えます。


お肌に負担がない剥がれ方は
「工夫」すればいくらでもなんとでもなります!

fringeでは「点」でつけますので
剥がす時にお肌に負担がかかりにくくなっています。


ただそれだけで済む話なのに
なぜ、「剥がれやすく」するのか?

つけまつげを「剥がれやすくする」なんて
一番やってはいけないことだと
私は思うのです。

***********


今回、久しぶりに(半年ぶり?)に
いつも使用しているのりを購入しました。

ちょっとドキドキです・・・

「剥がれやすく改悪されていたら嫌だなあ」
と。

何度かつけて外出していますが、
以前より接着が弱まった気が・・・します

まあなんとか剥がれる程ではないので良いですが

剥がすときに負担がかからないように、と
接着を弱めるのは安易すぎると思います。

つけまつげにおいて
「剥がれるリスク」ほどリスクなものはありません。

剥がすときの負担軽減はいくらでもできるものです

「剥がすときの負担」よりも
「付けているときの剥がれにくさ」を重視していただきたいと
願っています。


fringeでは様々な変化にすぐに対応できるように
常に色々考えて参りたいと思います




LykdFCRDEQIHx3Q1449455966_1449456205.png



サロンはこちら
iJr_P_mq2u0gq981448511436_1448511734.png

ショップはこちら
6lOIP8UsbQGALrF1448699217_1448699238.png

*fringe*

YUMIKA

Author:YUMIKA
【ファイバー デザイナー】
ファイバー(人工毛)アート
〈ファイバーデザイン&アレンジ〉

アレンジつけまつげ
ファイバーヘアアクセサリーで
《毛のトータルビューティ》を目指します
特技は【人の美しさ】を発見すること

◎webショップ fringe-s.com
◎つけまつげサロン salon fringe

☆掲載されました☆

動画レッスン

rq28I7YHeOMPfxm1453513730_1453514087.png

お問い合わせ・ご予約

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

アルバム

シンプルアーカイブ